さとうさんちの英語で子育て 英語絵本と知育玩具 英語のパズル、ブロック、知育玩具 英語絵本2歳3歳 英語の知育玩具2歳3歳 英単語を覚える、書く、ストーリーテイラーの遊び、サイトワード、フォニックス 英語の絵本0歳1歳 英語の音が出るおもちゃ 木や布の英語おもちゃ 海外の楽しいおもちゃ

英語で子育て幼児英語絵本新入荷 さとうさんちの英語で子育て新入荷の英語の知育玩具 おえかき、アート、クラフトの知育玩具 2人乗りベビーカー、ベビーラック、バシネット 今月のセール品 知育玩具と英語絵本
         
今後子供たちに求められる英語力・4技能とは

幼児英語育児NEWS

子供たちに求められる英語力・4技能とは

今まで、子供たちが求められていた英語力は、「読む」「書く」がメインの、いわゆる受験英語でした。

しかしそれでは、実際に活きた英語を身に着けることができなかった現実があります。

そこで日本では、2020年には大学センター試験に代わる新しい試験の導入を予定しています。

この試験のことについてはこちらのページにて書いていますが

その中で特に 4技能という言葉をここでは触れていきたいと思います。

4技能とは・・・
  • 読む
  • 書く
  • 聞く
  • 話す
この4つのスキルのことを指します。

今までの受験では 読む・書く の2技能が主に重要視されていましたが、2020年の大学受験改革よりこの4技能が必要となってきます。

大学受験の変革なので大学受験のことばかり注目されていますが、これに合わせて既に小学校から英語の授業が始まっており、中学・高校の授業も様変わりすることは一目瞭然です。

となると、中学受験・高校受験をする子供たちが受ける試験もこの4技能が必要になるに違いありません。

そんな状況の中、不安要素は・・・学校の先生はちゃんと教えてくれるの?ということ。

今まで受験英語ばかり教えていた先生。

そもそも、先生自身が受験英語を乗り越えて、先生になっているのです。

意識改革と実力を付けることがこれからの英語教師の課題です。

これから数年間は、先生も葛藤する日々が続くはずです。

そんな発展途上な先生に子供たちの英語の授業をすべて任せてしまって大丈夫でしょうか・・・?

今、小さな子供をお持ちの親御さんは、学校以外の英語学習を取り入れるべきだと思うのですが、
みなさんはどうお考えですか?

英語の絵本は活きた英語の宝庫です!
絵本の読み聞かせをしているうちに、4技能のうちの日本人の英語学習で今まで足りていなかった
読む、話すが自然と身に付きます。

ベビーシュガー4号店では、実際にアメリカの子供たちが読んでいる絵本を販売しています。

ネイティブと同じ方法で、子供に英語を楽しく慣れさせていきましょう!