さとうさんちの英語で子育て公式ショップ

英語の先生にインタビュー
タレントの紗栄子さん、モデルの梨花さん、木下優樹菜さん、小雪さん、ジャガー横田さん(教育熱心で有名)、伊東美咲さんなど、芸能人の方が、こぞってプリスクール(インターナショナルスクール)にお子様を通わせていますが、 先日、プリスクールの「アーリーバーズ」で、幼児にネイティブの英語を教えている、★ヴィピック 真理子(Mariko Wypych)先生に「幼児の英語教育」についてインタビューしました。

お話をしてくれた先生
 
ヴィピック 真理子
(Mariko Wypych)先生
資格:TESL(第2言語としての英語教授法)・保育士(岡山県ー017655)
皆さんこんにちは。私は2児の母であり、我が子を実験台にしてバイリンガル子育てをしています。
⇒先生のプリスクールサイト、プロフィールはこちら



幼児英語教育について、何歳からはじめるといいかいろんな意見がありますが、実際どうですか?




 3歳とか1歳とか、何歳から始めるといいとかいう定義はないですよ。

ただ発音に関していえば、胎児の時から、おなかの中にいるときから耳で聞いているので意味があります。

一般的には3歳からかなぁ。

3歳ごろってだいたいおむつとれて、自分のことができるようになる時期になって、 いろんなことに興味も出る時期。
英語をそこに盛り込んだ時にスッと入ってこれるから。

もっと大きくなってからやると勉強という意識になってしまうしね。
3歳くらいから、歌とか踊りに合わせたリトミックとか
遊びの中で英語っていうものをとりいれると、苦なく英語に触れて楽しいなって思ってもらえるんじゃないかな。


ご自分のお子さんに英語教育してよかったと思ったのはどんなときですか?



タブレットで検索したいときね、
例えば怪獣の画像を探しているときに検索の音声認識機能を使って日本語で怪獣の画像を見せてって言うと
怪獣 画像 で検索して・・求めていた怪獣がいなかったんですね
そこで、設定をenglishにして Show me the monster please!でいうともーっとたくさんでてきた。
それを見ていてね、日本語だけじゃなくて英語も話せるっていうのは4歳の子でももうすでに世界が広がっているんだな と思いました。


幼児の英語教育は、具体的に、なにをすればいいでしょうか?


年齢にもよるし、そのこの個性で興味があるものにもよるし、一人ひとりに適切なツールがあると思う。

だけど、なるべくお金をかけずにって探すなら、英語の本を読んでもらうのがいいです。
絵本を読み聞かせることで親と子の心のつながりも、英語をとおしてできるので。
英語の本なんて難しくって、っていうママが多いけど
そんなことない 読めるものはたくさんあります。
もっともっと高いところを目指しているのなら、
インターナショナルスクールとか、プリスクールとかサタデースクール
に行くといい。
コミュニケーションを誰かほかの人ととってみるというのはとても有効です。













真理子先生、ありがとうございました!
また他の方にもインタビューした動画があるので貼っておきます↓(時間があるときにページにします!)




▽ハローティーチャーのエイブ先生に 「幼児の英語教育」についてインタビューしました。▽